Android OpenCV4.10.0のカメラプレビュー

2024.6.5 2020.1.4 Coskx Lab  

1 はじめに

OpenCV4.10.0 android-sdkのcamera2API対応クラスを使用して,カメラプレビューアプリを作ります。
OpenCV android-sdkはhardware.camera,hardware.camera2のどちらのAPIでも使えるようになっています。
しかしAndroid5.0以降ではhardware.camera APIは非推奨になっています。
そのためhardware.camera2 APIを使用します。

OpenCV4.10.0ではAndroidDeviceを縦位置でも横位置でも正しく表示できるようになりました。

2 使用環境

3 準備

3.1 Android Studio

インストール済とします。

3.2 OpenCVのダウンロード

次のところからアンドロイド版をダウンロードします。
https://opencv.org/releases/
(この説明ではカレントのOpenCV 4.10.0を使っていますが,適当に変えて読みかえてください。)
opencv-4.10.0-android-sdk.zip
がダウンロードされるので,解凍すると
OpenCV-android-sdkという名前のディレクトリができます。
この中には
 ファイル LICENSE
 ファイル README.android
 ディレクトリ samples
 ディレクトリ sdk
が入っています。
OpenCV-android-sdk を適当な場所に置いてください。
(この説明ではCドライブのルートに置きました。)

4 Android Studio で新しいproject

Android Studio で新しいprojectを作ります。新しいプロジェクトでカメラプレビューアプリを作ります。
・ファイルメニュー File -> New -> New Project --> Empty Views Activity
・New Project の名前は OCVCamera とします。(別の名前でもOK)
・javaを使用するのでBuild configuration language は Groovy DSL(build.gradle)とします。
・パッケージ名は「jp.gr.java_conf.coskx.ocvcamera」です。
 パッケージ名はこの後,何回か出てきます。
・他の設定はそのまま -> Finish
・これをそのまま(メニューバーのRun -> Run'App' を選び)実行すると, これまでの経験通り「Hello world!」が表示されます。

5 OpenCVのライブラリをモジュールとして取り込む

OpenCVのライブラリをモジュールとして取り込む作業では,C:\OpenCV-android-sdk\sdkを取り込みます。
(1)android studio メニューバーのFile -> `New -> Import Module を選ぶ。
(2)Source directory に,C:\OpenCV-android-sdk\sdk を指定し,OK。

ここでModule nameボックスが現れるので,Module nameをsdkからOpenCVに変更します。
(実際にはバージョン番号まで入れると後から,都合がよいです。)
変更しなかった時には,この後もモジュール名は「sdk」のままになります。

ここで次のエラーが表示されるでしょう。

Build file '.......AndroidStudioProjects\OCVpreview\OpenCV\build.gradle' line: 93

A problem occurred evaluating project ':OpenCV'.
> Plugin with id 'kotlin-android' not found.


そしてそのエラーの生じているファイル(OpenCV\build.gradle,あるいはbuild.gradle(:OpenCV))も自動的に開かれます。次のように対処します。

(A) kotlinは使用しないとき
Gradle Script/build.gradle(Module OpenCV)の
apply plugin: 'com.android.library'
apply plugin: 'maven-publish'
apply plugin: 'kotlin-android'

apply plugin: 'com.android.library'
apply plugin: 'maven-publish'
//apply plugin: 'kotlin-android'
のようにコメントアウトしておきます。

(B) kotlinを使用するとき
Gradle Script/build.gradle(Project)の
buildscript {
中の
dependencies {
の中に
classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:1.5.31"
を加えます。(バージョンは最新の番号にしてください)

なお,この段階で,作業中のファイル(OpenCV\build.gradle,あるいはbuild.gradle(:OpenCV))内の compileSdkVersion targetSdkVersion などを新しい記述に変更し, 値も最新のバージョン(2024.1.17時点では34)に変更しておくと良いと思います。

 ompileSdkVersion 31 → compileSdk 34
 minSdkVersion 21 → minSdk 24
 targetSdkVersion 31 → targetSdk 34
targetSdk 34 のところに警告が出ますが無視して進みます。

6 依存関係の設定

プロジェクトOCVCameraがOpenCVのモジュールを使うこと(に依存していること)を設定します。ただし,OpenCVのモジュール名は「OpenCV」となっています。

(1)メニューバーのFile -> Project Structure を選ぶ。

(2)左側のDependenciesを選び,Modulesでapp を選ぶ。
(この段階ではModule appのDeclared Dependencies中にモジュール「OpenCV」は無い)


(3)Declared Dependencies の+-と書いてあるところで,+(add) をクリックし、3: Module dependenciy を選ぶ。


(4)Add Module Dependenciesダイアログで モジュール「OpenCV」にチェックを入れて(選らんで),OK。


 Module appのDeclared Dependencies中のapp中にモジュール「OpenCV」が増えている。
(プロジェクトOCVCameraのappがモジュール「OpenCV」を使うことが設定された。)


(5)OK。
 (Syncが終了するまで待つ 黄色の帯にTry Againが表示されたらそれをクリック)
Gradle Script/build.gradle(Module.app)のDependencies内に
 implementation project(':OpenCV')
が追加されていればOK。

Android Studio左側project中にapp, OpenCVが並んで表示されたらOK


★ 実は,上記の(1)から(5)の作業は,
Gradle Script/build.gradle(Module.app)のDependencies内に
 implementation project(':OpenCV')
を追加する作業なので,この1行を追加しSyncすれば良いようです。

7 OCVCameraの編集

OCVCameraのProjectでは次の3点を編集します。

7.1 AndroidManifast.xmlの編集

app/manifests/AndroidManifast.xmlにおいて,カメラを使うことを宣言します。次のように6行追加になります。

AndroidManifast.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools">

    <!--↓追加 -->
    <uses-permission android:name="android.permission.CAMERA"/>
    <uses-feature android:name="android.hardware.camera2" android:required="false"/>
    <uses-feature android:name="android.hardware.camera2.autofocus" android:required="false"/>
    <uses-feature
        android:name="android.hardware.camera"
        android:required="false" />
    <!--↑追加-->

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:dataExtractionRules="@xml/data_extraction_rules"
        android:fullBackupContent="@xml/backup_rules"
        android:icon="@mipmap/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round"
        android:supportsRtl="true"
        android:theme="@style/Theme.OCVCamera"
        tools:targetApi="31">
        <activity
            android:name=".MainActivity"
            android:exported="true">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>

7.2 activity_main.xmlの編集

Res/Layout/activity_main.xmlを編集します。 「Hello World!」を表示するような画面設定(Textview)を消して,camera2APIを使用したJavaCamera2Viewのカメラビューを表示する設定に直します。

activity_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">

    <!-- JavaCamera2View was placed instead of TextView -->
    <org.opencv.android.JavaCamera2View
        android:id="@+id/camera_view"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        app:camera_id="back"
        app:show_fps="true"/>

</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>

ここで,layoutの設定にactivity_main.xmlという名前のファイルを使っています。
その中の表示領域のIDとしてcamera_viewという名前を使いました。
この2つの名前を後でMainActivity.javaの編集で使います。
(app:camera_id="back" のところを app:camera_id="front" と変更すると,スクリーン側のカメラが使えます。)

7.3 MainActivity.javaの編集

(1) onCreate()中でlayoutのIDの記述の整合性を取る。(layout/activity_main.xmlへの依存)

(2) onCreate()中でOpenCVをロードする。
(3) パーミッションを取得し,mOpenCvCameraViewに取得を知らせる。
 onStart()中でパーミッションを確認

MainActivity.java
package jp.gr.java_conf.coskx.ocvcamera;

import static android.Manifest.permission.CAMERA;

import android.annotation.TargetApi;
import android.app.Activity;
import android.content.pm.PackageManager;
import android.os.Build;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;

import org.opencv.android.CameraBridgeViewBase;
import org.opencv.core.Mat;

public class MainActivity extends Activity implements CameraBridgeViewBase.CvCameraViewListener2 {
    private static final String TAG = "MainActivity";
    private static final int CAMERA_PERMISSION_REQUEST_CODE = 200;

    private CameraBridgeViewBase mOpenCvCameraView;

    @Override
    protected void onStart() {
        super.onStart();
        boolean havePermission = true;
        if (Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.M) {
            if (checkSelfPermission(CAMERA) != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
                requestPermissions(new String[]{CAMERA}, CAMERA_PERMISSION_REQUEST_CODE);
                havePermission = false;
            }
        }
        if (havePermission) {
            mOpenCvCameraView.setCameraPermissionGranted();
        }
    }

    @Override
    @TargetApi(Build.VERSION_CODES.M)
    public void onRequestPermissionsResult(int requestCode, String[] permissions, int[] grantResults) {
        if (requestCode == CAMERA_PERMISSION_REQUEST_CODE && grantResults.length > 0
                && grantResults[0] == PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
            mOpenCvCameraView.setCameraPermissionGranted();
        }
        super.onRequestPermissionsResult(requestCode, permissions, grantResults);
    }

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        Log.i(TAG, "called onCreate");
        super.onCreate(savedInstanceState);
        System.loadLibrary("opencv_java4");

        setContentView(R.layout.activity_main);
        mOpenCvCameraView = (CameraBridgeViewBase) findViewById(R.id.camera_view);
        mOpenCvCameraView.setCvCameraViewListener(this);
    }

    @Override
    public void onResume() {
        super.onResume();
        mOpenCvCameraView.enableView();
    }

    @Override
    public void onDestroy() {
        super.onDestroy();
        if (mOpenCvCameraView != null)
            mOpenCvCameraView.disableView();
    }

    public void onCameraViewStarted(int width, int height) { }

    public void onCameraViewStopped() { }

    public Mat onCameraFrame(CameraBridgeViewBase.CvCameraViewFrame inputFrame) {
        return inputFrame.rgba();
    }
}

ここまでで,buildすると,とりあえず動作するはずです。


★ bulid時に"org.opencv.BuildConfig"が見つからないというエラーが出たときの対処

何度もMake ProjectやRebuild Projectを行っても,"org.opencv.BuildConfig" が見つからないというエラーが出ているときは
Gradle Scripts/gradle.properties(Project Properties)を開いて最下行付近を見てください。
もし
android.defaults.buildfeatures.buildconfig=true
の行が無かったら,付け加えてください。

8 画像処理例

onCameraFrame() はカメラが1フレーム取得するたびに呼ばれる関数です。
引数(inputFrame)にカメラからの入力フレーム画像が入り,戻り値で表示したいMatを戻します。
Mat mMatを用意して,初期化と廃棄をするようにして,関数onCameraFrame()を次のように変更すると,ネガポジ反転で表示します。
複数の表示方法の中から1つだけ選ぶことができます。

public void onCameraViewStarted(int width, int height) {
    mMat = new Mat(height, width, CvType.CV_8UC4);
}

public void onCameraViewStopped() {
    mMat.release();
}

private Mat mMat;

public Mat onCameraFrame(CameraBridgeViewBase.CvCameraViewFrame inputFrame) {
    //mMat= inputFrame.rgba();    //color
    //mMat= inputFrame.gray();    //grayscale
    Core.bitwise_not(inputFrame.rgba(), mMat); //reversed
    //Core.bitwise_not(inputFrame.gray(), mMat); //grayscale reversed
    //Imgproc.Canny(inputFrame.gray(), mMat, 100, 200); //grayscale canny filtering
    //Imgproc.threshold(inputFrame.gray(), mMat, 0.0, 255.0, Imgproc.THRESH_OTSU); //grayscale binarization with Ohtsu
    return mMat;
}

カラー画像 グレースケール画像
カラー画像リバース グレースケール画像リバース
グレースケール画像Cannyフィルタ グレースケール画像二値化
この変更では,MainActivity.javaの先頭部分に
 ・import org.opencv.core.Core;
 ・import org.opencv.core.Mat;
 ・import org.opencv.imgproc.Imgproc;
が必要になりますが,android studioがうまく解決してくれます。

9 終わりに

・Android StudioでOpenCV4.10.0のカメラプレビューテストアプリを作る手順をまとめました。





補足1 アクションバーを付ける

MainActivityはActivityからextendsされているため,アクションバーなどAppCompatActivityの機能がありません。
必要ならActivityをAppCompatActivityからextendsします。(ただし,横位置の場合表示領域が狭くなります。)

補足2 JavaCameraView, JavaCamera2View, CameraBridgeViewBase

OpenCVのandroid向けライブラリでは,java/org.opencv/androidの中にカメラビュー向けのクラスがあります。
CameraBridgeViewBaseはSurfaceViewを継承していて,カメラのハードウェアに依存しない(デバイスの表示機能)部分を担当しています。

カメラのハードウエアに近い部分は,JavaCameraViewあるいはJavaCamera2Viewが担当していています。
JavaCameraView, JavaCamera2ViewはともにCameraBridgeViewBaseを継承していて,カメラのハードウェアに依存している部分を担当しています。
カメラビューアプリではJavaCameraView, JavaCamera2Viewのうちどちらか片方が使用されます。

JavaCameraViewは古いAPI(hardware.Camera)が使用されていて,Android5.0(Lollipop)以降(APIレベル21以降)では非推奨となっています。
android studioでJavaCameraView.javaをみると,取り消し線だらけになります。)

JavaCamera2ViewはJavaCameraViewと同等の役割を果たしていて,APIレベル21以降でも問題なく使用できるAPI(hardware.camera2)が使われています。